WORLD DESIGN MEMO

2018.05.06
ポスター・フライヤー

9.11新聞 ポスター

本日は、ポスターのデザイン紹介。

随分古い記事の覚書。

9.11同時多発テロから数年、
ニューヨーク市民には今でも忘れられない(忘れてはいけない)事件だと思います。

こちらは当時アメリカの新聞の一面トップとなっていたのが
9.11以降ポスターとしてしばらく各店先に貼られてたようです。

「Wanted! Dead or Alive!(ウォンテッド!死んでいようが生きていようが’)」と書かれ、
西部劇で登場するお尋ね者の貼り紙風のポスターになっています。

こちらは星条旗のポスター、「GOD BLESS AMERICA (アメリカに神のご加護あれ)」 というコピーが書かれています。

このポスターを掲載するにあたり
新聞紙面のどこにも貼り出すことを促すような言葉はなく、
読み手の側が共感し、自らのメッセージとして貼り出したようです。

それが街中で目につくほどの現象となったと書かれてました。

メディアの力は時にはものすごく巨大な力を生み出します。
この記事がよいことかいけないことかはわかりませんが
世の中が平和であることを祈るばかりです。

一覧にもどる

ホームページ制作・グラフィックデザインの
ご相談についてお気軽にお問い合わせください

CONTACT