WORLD DESIGN MEMO

2018.11.30 屋外看板・広告

このネーミングはアリ?

本日はネーミングの紹介。

デザインの仕事には、デザイン制作する以外に
商品や屋号のネーミングという業務もあり、
お客さまの今後のビジネスの方向性を定めると言ってもよいくらい
非常に重要なものであります。

本日は、偶然見かけた海外のショップの写真。
このネーミングを上手いと解釈するべきか?
「あかんやろ」とつっこむべきか?
悩みましたのでみなさまで共有していただければと思います。

こちらが問題のショップ。

一見、何もない「99c DREAMS(99セントドリームス)」という何だか安いものがありあそうなネーミング。
しかし、ショップ名の下にこっそり
「EVERYTHING S1 AND UP(すべての商品は1ドルもしくはそれ以上)」と書かれています。

99セントにしてあげたい(でも無理)とか
目標は99セントで販売(今は無理)とかの
オーナーの夢をそのまんまをショップ名にしたのか
もしくは、単に人を寄せる(目立つ)為に名づけたのかは謎ですが
どちらにしてもこのショップには99セントの商品は実在しない夢(DREAM)なのです。

一覧にもどる

TOP