WORLD DESIGN MEMO

2019.01.28 アート・建築・写真

文句にもお金がかかるの?

世の中にはありえないことが
たくさんあります。

本日は、ネットでみつけたありえない
アメリカの苦情ビンの紹介。


日本でもコンビニの横に
募金のボックスがありますが
こちらは
complaint jar(苦情入れ)
と書かれたビン。

メッセージを訳すと
「すべての苦情は1ドルもしくはそれ以上の紙幣に
書いてこのジャー(入れ物)に入れてください」
とのこと。

え~、苦情にもお金がかかるんですか?
って言うかお金が入ってますし・・。
お金を入れてまで苦情を言いたい
よほどサービスが悪いのでしょうか?

何屋さんかわかりませんが
これもアメリカンジョークなんですかね。

同じ手書きでも昨日このブログで紹介した
手書き広告とは全く逆の印象です。

一覧にもどる

TOP