WORLD DESIGN MEMO

2019.01.31 ホームページ

丸めてみせる ポスターデザイン

本日は、ポスターのデザイン紹介。

この季節、日本人サーファーの方には
骨身にしみる水温でしょう。

本日はサーフショップ「SUMBAWA(スンバワ)」
のウクライナで展開されたポスター。

このショップ名であるスンバワとは
インドネシアの数あるサーフポイントのひとつで
想像を絶する大きなビッグウェーブが
起こるサーフアイランド。

そこを踏まえてこちらを↓

よく見るとポスターの右角を丸めて
パイプライン(チューブ)にみせています。
単に角を丸めただけで
真っ黒な紙面が迫力のある波に早変わりします。

【右角を拡大】

↑サーファーもビッグウェーブに挑んでいます。

↓こちらが実際のスンバワのイメージ。かっこいいっす。

このブログでも同じような事例をいくつか紹介していますが
今回の事例のように
本来、平面である紙(印刷物)を立体的に表現する
型破りの感じが何とも言えません。

紙媒体=平面って先入観が
そもそもNGなんでしょうね。

それにしてもシズル感がハンパないですね。

一覧にもどる

TOP