WORLD DESIGN MEMO

2019.05.15 屋外看板・広告

ちょっとだけテクノロジー広告

本日は屋外広告。

よくわからないのですが
広告にカメラを埋め込み
そのカメラの方向に顔を向けると
顔認識技術によりアクションを起こす、
なんだかすごそうな
技術を使ったドイツのバス停の広告事例。

広告を見ていると仲の良さそうな夫婦(写真右)
誰も見ていないと夫が妻を殴る(社真左)
というカメラを使ってシーンを変える仕掛けとなっています。

こちらのコピーが
「It happens when nobody is watching.
(それは、誰も見ていないときに起きる。)」

つまり、DV防止の広告なわけです。

見ているときはやさしい夫なら
意味ないんじゃない?
とかつっこまれそうですが・・・。

一覧にもどる

TOP