WORLD DESIGN MEMO

2019.11.13 ポスター・フライヤー

ピンクフロイドからローズフロイドへ

本日は、ブラジルで展開されたグラフィック広告の紹介。

Tintas Verginia(おそらく塗料メーカー)がロックアーティストの名盤をパロディ化した
デザインとなっています。

まず、元ネタから

こちらはピンクフロイドの名盤「the wall」。
ピンクフロイドと言えば、アルバム「狂気」がビルボードにランクインされた期間が最も長かった
スーパープログレッシブバンド。

そのアルバムをTintas Verginia社はこのように広告としてアレンジしております。

白い壁をローズ色の塗料で塗ったってことですよね?

よくよく見比べると壁のパターンも違うし、書体も微妙にちがう、
でもピンクフロイドとイメージできる(ピンクフロイドを知っている方のみ)ってすごくない?
まぁ、FLOYDとは書いてあるんですが。

個人的には「炎」ってアルバムが好きですが・・・。

一覧にもどる

TOP