WORLD DESIGN MEMO

2019.11.27 映像・CM

ダークナイトのような映像

本日は、14~5年前にカンヌのフィルム部門で
グランプリを受賞したフィリップス社の映像。

画面はその当時初の映画のスクリーンサイズと同じ
21:9の比率で制作されたそうな・・・。

意味があるかどうかはおいておき、
21時9分にウェブでこの映像を公開したようです。

この映像の空気感がなんとも言えず、
まるでクリストファーノーラン(ダークナイトの監督)の映画を見ているような気分。
人が動かず、セリフがなしでこの表現力は圧巻です。

何といっても映画ではありませんので
ウェブならでは、終わり方が実に凝っています。

たかが数分ですが下手な映画より何倍も面白いような気がしました。

それにしてもCMなのにこの時間と費用の掛けようはなんなんだ、
やるなフィリップス。

youtubeが削除する前に是非ご覧ください。

一覧にもどる

TOP