WORLD DESIGN MEMO

2020.02.19 アート・建築・写真

これぞ、本物ドットアート

私たちがデザインをするにあたり、テクニックとしてドット(点)を
使うことはしばしばあります。

ただ、それは一部に使用するのみですが、
今回紹介するのは、ドットのみで制作されたすばらしいアートの紹介。

アメリカのデザイナーのMiguel Endaraさんが210時間を費やし作成した
ドットアートがこちら。

作品のテーマは “Hero” というもので、自身の父親をモチーフにして描いたそうです。

このようにひとつづつペンの先、ドットのみで作られている
その数は何と3200000ドット。

ドットだけにどっと疲れそうな作品ですが、
父親を思う気持ちが伝わる素晴らしい作品。

文具メーカーにバックアップしてもらえそうと
ついつい思ってしまう、商売人な私がいます。

・・・失礼。

一覧にもどる

TOP