TOPICS

2020.07.31 ブログSDGs

エスト&番頭舎合同勉強会/2030SDGsカードゲーム

2020年7月30日、

「エスト&番頭舎合同勉強会/2030SDGsカードゲーム」を開催しました!

 

ゲームを進行していただいたのは、四日市市の社会保険労務士事務所

「フェイルノート」の代表・國安院ゆみ様。

社会保険労務士として多忙な日々を送りつつ、

「2030SDGs」の公認ファシリテーターとしても精力的に活動されています。

 

 

さて、「2030SDGs」とは一体どんなゲームなのでしょう?

 

個人またはチームに与えられた「ゴール」を達成すべく、

さまざまなプロジェクトを実行。それにより2030年の世界が

どうなるのかをシミュレーションするカードゲームです。

ゲームを楽しみながら「なぜSDGsが私たちの世界に必要なのか」

「それによってどんな変化や可能性があるのか」を

体験できる仕組みとなっています。

 

 

ゲームの流れはとてもシンプル。

  • お金と時間を使って
  • プロジェクトを実行し
  • ゴールを達成する

 

ゴールの内容は「財産」「豊富な時間」「美しい環境」

「貧困のない世界」「人とのつながり」などがあります。

 

 

 

このゲームの面白くも難しいのは、自分のゴールだけを

達成すればいいわけではない、というところ!

 

ゴール以外にもうひとつ重要なのが「世界の状況メーター」です。

 

青は「経済」、緑は「環境」、黄は「社会」を表しており、

この3つのバランスを保ちながら、ゴールを達成しなければいけません。

 

例えば「交通インフラの整備」というプロジェクト。

新幹線や高速道路の開通で経済は回りますが、

環境には影響が出てしまう。それにより「世界の状況メーター」の

「環境」のバランスが崩れてしまう…というわけです。

 

 

ゲーム前半はひたすら全員が自分のゴールにばかり

目が向いていましたが、後半になると、

「緑が足りない。もっと環境にいいプロジェクトを行おう」

「お金が足りているのであなたのプロジェクトに投資します」

「時間とお金を交換しよう」と、それぞれの目標と世界のバランスに

向けて、全員が協力し合うようになったのが大変印象的でした。

 

 

SDGsを達成するためには、

人との協力とコミュニケーションが必要不可欠なこと、

世界を変えるのは一人ひとりの選択や行動だということを

楽しみながらも、気づかせてくれたゲームでした。

 

 

 

一覧にもどる

TOP